2世代前の漁船

漁船

釣り人にとってあこがれなのが防波堤や沿岸部で釣りをするのではなく、船に乗って沿岸で釣りをする海上釣りです。基本的には漁船を定額料金を支払ってレンタルするという流れですが、やはり一度は自分の船で漁業をしてみたいという人もいます。ただ自分の船で釣りをしたいという願望はあっても、実際に漁船を動かす免許の取得自体は難しくなくても船を購入するのは高いです。最新もしくは1世代前の漁船は趣味で始めるのには価値が高すぎるので、そこで手軽に始められる方法なのが中古漁船です。中古漁船というのは基本的には最新式よりも1世代前の漁船を意味しますが、手ごろな値段で始めることを念頭に置くと2世代前以前の漁船が中古漁船という位置づけになります。

メンナンスはしっかりしている

漁船

2世代前の中古漁船といっても、実際の性能自体は安全に使えます。そもそも中古漁船の多くは、現役世代が使っていた漁船をまだ使える段階で売りに出すことで、最新式に買い替えるための担保として売り払われたものです。そのため漁船は古くなっていても、フレームは完全に寿命が尽きているわけではないです。そこで内部の古くなった部分だけを部品交換し、値段は安くしながらも当面は現役で活躍できる形に仕上げているのが中古漁船になります。もちろん購入する際には、しっかりと使い方をレクチャーしてくれるので安全に使用することが可能です。このように中古漁船はメンテナンスがしっかりしているだけでなく、アフターフォローも充実しているので初めて漁船を買う人にはうってつけといえます。

しっかりと保険に加入することが大事

漁船

最新式よりも手ごろな値段で購入できる中古漁船ですが、実際に購入に踏み切るときには必ず保険に加入することが重要です。保険にはいくつか種類がありますが、その中でも重要なのは傷害保険と損害保険の加入になります。確かに船で釣りをするのは釣り人の憧れではあるのですが、海は常に危険と隣り合わせです。その日の天候が風のない普通の階整備であっても、実際に海に船を出せば海が突然荒れるということは起きることです。もし荒れた海に船を突入してしまうと、当然ながら強い波によって船が破損する恐れだけでなく乗っている人自体にも影響を及ぼす恐れがあります。船が破損をしてしまうと、その修理費は高くついてしまいます。そこで行業専用の保険に加入して置くことで、そういった海に出た際の被害が出た時に負担を軽減してくれるのです。もちろん人間が海によって害を受けた際にも、傷害保険に加入しておけば医療費負担も軽減されます。海に出るというのは危ないということを念頭に置いたうえで、しっかりと連絡手段の構築など手段を講じる必要があるのです。

広告募集中